top of page

YouTube マーケティングディレクターとは?



このページではYouTube Directors JapanにおけるYouTubeマーケティングディレクターの役割や仕事についてお伝えします。


YouTubeマーケティングディレクターの役割


YouTubeマーケティングディレクターとは、インフルエンサーとしては動画の発信力を高めたい人の相棒(バディ)として、最適な動画をリサーチして、再生回数が上がりそうなタイトルの提案、編集、配信までを担う職業です。


相棒として、一緒に動画を作るのは、自身のビジネスのために発信力を高めたい個人のインフルエンサーや企業となります。


どんな、動画を配信することで再生数が伸びるのか?


どんな、動画を配信することで最適なブランディングを作れるのか?


どんな、動画を配信することでバディのビジョンが叶うのか?


バディの成功を徹底的に考えて動画を作る。


それが、YouTubeマーケティングディレクターのお仕事です。



YouTubeマーケティングディレクターの仕事

YouTubeマーケティングディレクター実務は以下の通りです。


※Instagramへの配信など、臨機応変に変更もあります。


開始時

・YouTubeチャンネルの作成


メインワーク

・動画のタイトルリサーチ

・バディとのZoom打ち合わせ

・撮影(クライアント次第)

・動画編集

・YouTubeに配信 ・完成動画ファイルをバディに送る


動画のタイトルリサーチ

配信する動画のタイトルや話のテーマはディレクターが提案します。

YouTubeやInstagramで再生されやすいバズタイトル。


バディの魅力が伝わるブランディングタイトル。


この2つのパターンで提案しながら、バディと共に配信する動画を選定していきます。

動画編集

バディから上がってきた動画はディレクターが編集します。


テロップなどもリサーチして、最適なものを選択します。


YouTubeに配信

完成した動画はディレクターが最適なタイトルを考えてYouTubeに配信します。


再生回数にこだわり、チームで切磋琢磨しながら、バディの発信力を高めていきます。


※状況によりInstagramに配信することもあります。


バディとZoom打ち合わせ

基本週に1回はバディとZoomで打ち合わせを行います。


撮影のフィードバック。再生回数の状況確認。


今後の方針などを話し合いを進めながら、よりよい結果に導きます。


チームで動画フィードバック会

YouTube マーケティングディレクターとして、着実に成長していけるように、週に1度、ディレクターチームで動画フィードバック会(Zoom)を開催しています。


ディレクターとして既に成果を出しているメンバーと意見交換をすることで、迷いや不安なくディレクターとしての仕事に取りんでいけます。



YouTube マーケティングディレクターはこんな人におすすめです

・動画制作で副業や独立を目指している方(既にしている方)


・YouTubeやInstagramのショート動画制作経験者


・事業の本拠点は大阪なので、大阪在住の方特に歓迎


・1日6時間以上作業が出来る方


・平日Zoom打ち合わせが出来る方


・発信者と前向きにしっかりコミュニケーションが出来る方


・YouTube マーケティングディレクターとして独立したい方


・海外発信の力を入れているので英語が得意な方も歓迎



一緒に取り組む仲間を募集してます


YouTube マーケティングディレクターという仕事は、今後更に需要のある仕事と予想されます。


最初は、ディレクターとして半人前の間は、大きな収入にはなりませんが、一人前として働けるようになると、しっかり本業になるビジネスモデルです。


単発作業ではなく、完全に長期(半年〜)のお仕事になりますので、仕事内容に興味があって、長期的にお付き合い頂ける方を募集しています。


現在の状況をこちらの↓↓フォオームに入力いただき、条件が合いそうでしたら、こちらからメールでご連絡させて頂いております。



メールでの連絡後、Zoomで直接お話をしながら、詳細のご説明をしております。


単に、作業を請け負うだけでなくYouTube Directors Japanのメンバーとして一緒に取り組んでいく仲間を募集しています。



YouTubeマーケティングディレクターの方針

1. バディの最高のパートナーであること

バディが目指すところを理解し、それを叶える存在であること。


2. プロとしての仕事をする

プロディレクターとしてバディのブランディングと再生回数に責任をもつこと。


3. 全ての仕事はリサーチから

生み出すよりも、まずは探す。

数字が出ている理由をリサーチして実行すれば結果は出る。


4.NOクリエイティブ

ゼロからデザインを考えて作ってはいけない。

マーケッター視点で成果を出しているデザインを探して組み合わす。


5.レスポンスの速さが、最大の価値を産む

レスポンス (返信、リアクション) の速さは、信頼につながる。

スピード感を持って取り組む。


6.仕事の本質からブレない

バディのビジョンを叶えるのが仕事であること。

受け身の作業者になってはならない。成果を作ることにこだわる。


7.お互いの意見を正直に分かち合う

バディの意見をしっかり受け取る。そして意見を正直に伝える。

譲りすぎず、通しすぎず。正直に分かち合う。





YouTube Directors Japan 代表

野田 ユウキ プロフィール

1986年生まれ。大阪府在住。


2018年にWEBマーケッターとして独立起業。


HP制作やSNS広告の運用をする中で、広告費が不要の宣伝手段としてYouTubeに着目。


その後、YouTubeディレクターとして3チャンネルを運営。


(もうすぐ)3チャンネル全ての登録者が10万人突破。


現在は、YouTubeディレクターの職業をより多くの人に伝えるために、YouTube Directors Japanを主催している。



YouTubeマーケティングディレクター

応募フォームはこちら



現在ディレクション中のチャンネル

伊木ヒロシチャンネル


アニキリゾートライフチャンネル


山平和尚の説法チャンネル



ショート動画ディレクション

(2023年4月から本格スタートしました!!)


軸トレボディワーカー 鴨谷 洋隆


れいかの真理学


心も体も治す松ちゃんねる


艶女向上委員会


ミラクルまちこチャンネル


若返り顔ヨガチャンネル



その他、複数チャンネル進行中!!

Comentarios


bottom of page